セラミド化粧品ランキング

日焼けによる背中ニキビができることもあり!刺激と乾燥が原因

背中ニキビの原因で、日焼けがあります。
夏場に海水浴に行ったあとのニキビやキャミソールタイプのファッションを着たあとの肌トラブルなど、背中ニキビができることがあります。

 

その時の原因は、刺激と乾燥です。
皮脂が多い、皮脂腺も発達している背中は、油分は多いですが、水分は蒸発しがちです。
でも、背中に汗をかくから、保湿されているか?というと、汗はすぐに蒸発してしまいますね。
日焼けをした肌は、角質が厚くなって水分がなくなります。
毛穴が細くなって皮脂が詰まっていくのです。

 

そんな時、ケアも何もしないと、痒くなったりしますが、これは刺激になってしまいますし、汗に汚れがつき、毛穴が塞がってしまいます。
そのような刺激と肌の乾燥で、背中ニキビができます。

 

日焼け後の肌は、日焼けだけをケアすることが多いですが、皮膚の清潔さを保つ、保湿を行ってください。
この時に石鹸でゴシゴシ洗ってしまうと、乾燥を進ませてしまいます。

 

ただ、日焼けをすると肌が向けて新しい肌になるし、紫外線はアクネ菌を退治するという話もあります。
確かに、紫外線の殺菌作用はありますが、紫外線は皮膚に浸透するのは良いことではありません。

 

ですから、背中が日焼けしてしまう恐れがあるときには、背中ニキビ予防策として、たっぷりの保湿のため美容液をつけて、日焼け止めクリームなどをつけることをおすすめします。
そのほかの背中ニキビの原因をチェック
顔同様の手入れ方法で、ケアをしたり、刺激の少ないボディソープなどで優しくいたわってください。